旅行

毎年恒例7月旅行!WWEライブ観戦からのディズニー振り返り

6月後半から7月は毎年東京は両国国技館にて世界最大のプロレス団体であるWWEが日本公演を行うためにスーパースターを引き連れて公演を行います。

私もかれこれ高校の頃からWWEファンでしたので、ファン歴としては15年です。

WWEライブをはじめて見たのはまだ会社員の頃の2012年からで、それからは毎年必ず参加しているので今回で6回目です。

選手達の写真はブログでは公開できませんが、道中の写真などをいくつかブログに残しておこうと思います。

また、WWE公演が終わった翌日にディズニーに行って観光するのも定番になりつつあります。

今回はディズニーランド⇢ディズニーランドホテルへ宿泊というコースで堪能してきたので、そのあたりの様子もまとめていきます。

[aside type="normal"]撮影機材としてはSONYのα9、レンズはSEL85F14GM【FE 85mm F1.4 GM】とSEL2470GM【FE 24-70mm F2.8 GM】を主に使用しました。[/aside]

WWEライブ見るなら第一ホテル両国が最高に便利

北海道からなのでWWEライブを観戦するには必ず泊りがけになります。

東京で行なわれるときは両国国技館が鉄板になっているので、最寄りのホテルをとっておくのが一番楽。

いくつか選択肢はありますが、やはり一番便利なのは第一ホテル両国です。

都営両国駅直結なので天候があまりよくない時でも雨に濡れることなく到着することができます。

さらに第一ホテル両国から無料バスでディズニーランドやシーへ移動することも可能ですし、無料で戻ってくることもできます。

何という至れり尽くせり感。

プレミアムツインだと48.7平米とかなり広々とした部屋で満足度がかなり高いです。

浴槽などもゆったり広々なので旅行で疲れ気味な時でも疲れを癒しつつ翌日も楽しむ事ができます。

第一ホテル両国の上層階には日本料理のさくらというお店などがあるので、観戦前に腹ごしらえ。

天丼セットで2,500円です。結構値段しますが、場所も味もいいので満足できました。

部屋から内線で簡単に予約をすることができますし、宿泊客にはドリンクサービスとなるのも◎

さくらの窓からの1枚。夕焼けがガラスに反射して絵になります。

初日の席はこんな感じ。プレミアム席で申し込みしましたが外れてしまったので第2希望のSS席です。

SS席でも7列目だったのでそこそこ見やすいですし、選手との距離も近めでいい位置でした。

プレミアム席が4万でSS席が2万5,000円とかなり価格差があるのですが、何列目になるかはもはや運です。

プレミアム5列目とSS席6列目でもこの価格差は変わらないので運に左右される部分が大きいのがいつも気になっています。

公演の内容自体は大満足。

いつもテレビで魅せる試合とはまた一味違ったコミカルなやり取りなどが見れるのもライブならではで楽しいです。

初日はどちらかというとコミカルで緩い感じですが、2日目についてはガチモードで試合も客入りもボルテージマックス状態です。どちらかしか見られないなら2日目をおすすめします。

両国国技館に約8000人が詰め込む人気っぷりで長年のファンである私も嬉しくなります。

ライブならではの迫力と普段テレビで見ているスーパースターが目と鼻の先にいるという非日常はここでしか味わうことができません。

ディズニーランド行ってみました

初日、2日目はWWEライブを堪能してきたわけですが、旅行3日目からはディズニーランドにいきました。

実は29歳にしてディズニーランドはまだ行ったことがなかったので、今回が初です。

昨年はWWEライブの後にディズニーシーに行ってきたので、ディズニーリゾートで言うと2回目となりました。

1日で体験できたアトラクション
  1. スターウォーズザアドベンチャーズ・コンティニュー
  2. ホーンテッドマンション
  3. カリブの海賊
  4. 蒸気船マークトゥエイン号
  5. ウェスタンリバー鉄道
  6. ジャングルクルーズ

今回は昼前くらいからディズニーランドに入り、18時頃まで色々と回っていたのですが、体験できたアトラクションとしては上記6つとなりました。

ファストパスは到着時点で19時とか20時のものばかりでしたので、ほぼ取ることができず。

閑散期でこんなに混むのかというくらいに人が多かったです。

今回乗れたアトラクションについてはどれもファストパスはとらなくても20分以内くらいで乗ることができたものです。人気アトラクションで50分とか1時間くらいの待ち時間でしたが、暑い中そんなに待つ勇気はなかったので待たなくても乗れるものだけに絞りました。

下から見上げるシンデレラ城は雰囲気と迫力があっていいです。

誰かが設置したスティッチの服をきたダッフィー。

こちらはジャングルクルーズ内からの1枚。ジャングルクルーズは「若い船長」がアドリブで乗客を楽しませてくれるのでディズニー素人の私でも楽しめました。

宿泊はディズニーランドホテル

実はモンスターズインクのファストパスをゲットしていたのですが、19時過ぎの時間でもう体力的にちょっときつくなってきたので諦めてホテルへGO。

今回はディズニーランドホテルです。やっぱりオフィシャルホテルだとランドを出てもディズニー感満載なのが良いです。散々ディズニーランドを回って疲れていてもすぐにホテルに戻れるので快適です。

ディズニーランドホテルの良かったところ
  • ランド内で買ったお土産はその場でホテルに送って後で回収可能
  • ルームサービスメニューが充実している
  • 隠れミッキーやホテル内の探索も楽しめる
  • とにかく内装などがキレイ
  • 窓からランド内を見ることができ夜は花火が部屋から見える
  • ディズニー・チャンネルなど見放題
  • ランドから羽田まではバス1本

こんな感じで、全てが快適で完璧。スタッフさんたちの対応もディズニークォリティのままで素晴らしいサービス。

部屋はもともとディズニーランドの反対側をとっていたようなのですが、プラス1万円ほどでディズニーランド側に変えられると提案していただいたので提案にのってランド側に変えてもらいました。

その御蔭で部屋からの景色はこんな感じに。シンデレラ城やシーの山なども見ることができます。

夜になると完全にライトアップされて昼間とはまた違ったゴージャスな雰囲気に。この時間帯にディズニーランド内を探索するのも楽しそう。

ちなみに夕食はルームサービスを利用しました。ランド内でも食事をする箇所はたくさんありますが、やはり人がとにかく多いですし、入りたい店に入れないことも多いので落ち着けるルームサービスを選択しました。

ざっとこんな感じです。一人分8,500円のコースでした。もう一段回上のコースもありましたが、こちらでも量は十分で満腹です。

デザートが一番美味かったかも・・・?(笑)

この日は食後にルームサービスのマッサージを90分受けた後に爆睡。マッサージを受けておいたおかげか1万5000歩以上歩いたわりに筋肉痛に苦しむこともありませんでした。

90分で11,000円ほどでした。ディズニーランドホテルのサービスとして考えるとわりと良心的な価格なのも良かったです。

ホテル内も色々散策できるのがGOOD

ディズニーランドホテルの中は普通のホテルとは違ってホテル内でも散策できる箇所がたくさんあります。

ホテル内にディズニーランドのグッズなども結構販売されているので、ランドでお土産を買い忘れていても全く問題ありません。

宿泊者しか入れない庭にカモ。かなり近づいても全く逃げない・・・(笑)

むしろリラックスしてぺったんと座っちゃいましたね。まぁ、暖かいからカモも気持ちいいのかもしれませんね。

こんな感じで今回の旅は終了しました。

まとめ

今回はひさびさの3泊4日旅行ということで、普段は売上やらアクセスやらばかり気にしているIT社長をやっている私も仕事から少しの間離れて旅行を楽しんできました。

妻と二人で行ったのですが、3泊4日で概ね25万円くらいかかった感じでしょうか。

結構コストはかかってますが、お金って使わないと巡ってこないとも言われてますから。

浪費はだめですが、こうした非日常をたまに楽しむのも自己投資の一種だと思っています。

今月はまだまだ予定が山積みですが、一先ずまた落ち着いて通常業務に戻ります。

撮影機材「α9」のレビューはこちら

この記事がよければいいね!やシェア、フォロー頂けると本当に嬉しく思います。
ABOUT ME
ワタナベカズマサ
合同会社Fulfilling代表。WEBマーケティング・メディア事業を行う。趣味はカメラ・オーディオ・プロレス・ゲームなどクリエイティブな仕事をするのが好きです。 会社HP⇛