アプリ・IT

買取王子に不用品を大量に売ってみた結果!売却方法や査定額など

こんにちは!ワタナベです。

今回自宅にあった不用品たちを買取王子というネット買取サイトに売却してみたので、その一連の流れや査定額などの結果をまとめてみようと思います。

この企画は動画でも紹介していますが、その内容を完結にブログでもまとめておきます。

ぜひ自宅に眠っているすでに使わなくなったガジェットや雑貨、ブランド品などを気軽にまとめて売却したいと考えている方は参考にしていただければと思います。

買取王子って?

私の場合は以前は普通に実店舗のあるリサイクルショップなどに要らなくなったものなどを大量に売却したことがありますが、その時に「もう二度と実店舗では売りたくない」と感じる事態に合いました。

実店舗で売ったときに感じたデメリット
  • 買い取ってもらえないものが結構ある
  • 買取待ちの時間が驚くほど長い
  • 買取価格が驚くほど安い

平日に売りに行ってもびっくりするくらい混雑していて、私の場合は2時間ほど待たされました。さらに待たされたあとの査定額を見てみるとたくさん持っていったのに全部合わせて50円とか…。時間のほうがもったいないと感じるような結果になりました。

ネット宅配買取だから待ち時間ゼロ

買取王子はネット宅配買取です。

なのでインターネット経由で買取の申し込みを行い、自宅で売りたいものを詰めます。

売りたいものを詰めたら集荷に来た業者に渡すだけで完結します。

つまり一歩も外に出ることなく不用品を売却することができます。

かかる時間といえば不用品をダンボールに詰め込む時間くらいなので、自分の時間を無駄にしてしまうことは一切ありません。

これが一番のメリットだと思います。

買取ジャンルが豊富でいろいろ売れる

もう一つ買取王子のメリットと言えるのは、買取ジャンルが豊富であるというところです。

なんと、買取に対応しているジャンルは60種類以上とのこと。

公式HPに記載があるジャンルだけでも以下のようなものがあります。

買取ジャンル一覧
  1. ブランド品
  2. 生活家電
  3. カメラ
  4. デジタル家電
  5. 楽器
  6. 切手・金券
  7. ミュージック
  8. DVD・ブルーレイ
  9. ゲーム
  10. ファッション
  11. 宝飾品・貴金属
  12. ホビー・フィギュア
  13. 食品
  14. アウトドア用品
  15. スポーツ用品
  16. 日用品
  17. その他

めちゃ多くないですか?私は以前マップカメラにカメラやレンズをネット申し込みで売却したことがありますが、買取王子の場合はカメラやレンズだけではなくその他にも多彩なジャンルの商品を一気にまとめて売却することができます。

たくさん売りたいものがあるけど、一個ずつ違う業者に売るのはとても手間がかかります。

もちろんメルカリやヤフオクなどで個別に売ったほうが高く売れるとは思いますが、それもやはり1個ずつ売る手間などがあるので時間が惜しい人には大変です。

買取王子の場合は自宅にある不用品のほとんどはおそらく売れると思うので、あとはダンボールに詰めて送るだけでOKという手軽さが魅力かと思います。

実際に買取をする手順について

ネット買取がはじめての人からするとやっぱり、リアル店舗のほうが安心だし…と感じると思います。私もそうでした。

ただ、実際サービスの流れを見てみるとびっくりするくらいシンプルなので、初めての人でも何も迷うことなく売却することができると思います。

買取の流れについては私のYouTubeチャンネルでも紹介していますが、簡単にまとめますね。

WEB申し込みをする

買取王子の公式サイトからWEB申し込みをします。スマホでもPCでも簡単に申し込みをすることができます。

自宅住所や引取希望日、時間帯などを入力していきます。

ダンボール(買取箱)を送ってもらう

そのときに買取箱なるものを送ってもらうことができるので、自分の自宅にダンボールがない場合は買取箱を送ってもらう事ができます。

私もあまり大きなダンボールはなかったので買取箱を送ってもらうことにしました。

ちなみに私の場合は北海道ということもあり、買取箱が届くまでには1週間ほどかかりました。

また、一度に送ってもらうことができる買取箱は2個までとなっています。

ダンボール(買取箱)に不用品を詰める

申し込んでからしばらくすると買取箱が自宅に届きます。

買取箱にはいくつかのサイズがあります。

  • 一般商品用
  • 小型商品用
  • ゴルフクラブ用
  • ゴルフバッグ用
  • エレキギター用

これらの中から自分が売りたいもののサイズにあった箱を送ってもらうことができます。

届いたら後は、集荷に来る日までに売りたいものをダンボールに詰めておくだけです。

集荷に来た運送業者に渡す

最初にWEB申し込みをした時点で自分が指定しておいた日時に佐川のドライバーが集荷にきます。

集荷までに詰めておいた買取箱を担当に渡せばこちらの作業は完了となります。

査定結果を確認

買取箱を送ってから数日で査定が完了します。

何日かかるかは時期によっても異なるようですが、私の場合は送ってから3日目に査定完了メールが届きました。

査定結果を見ようとしたらすぐには確認することができず、身分証明書と振込口座を設定する必要がありました。

予め設定を済ませていれば問題はないですが、私の場合は設定を忘れていたのでこのタイミングで設定しました。

運転免許証の裏表の画像をアップロードし、振込口座を登録しました。

そして半日後に確認が完了となり査定額がでました。

承認して振込をまつ

出てきた査定額に納得できたら、承認ボタンを押します。

これで後は振込を待つだけです。

もし査定の結果に納得できなかったら拒否することもできます。

ただし拒否すると次回の買取申込みができなくなるという噂もありますので、このあたりは慎重に決めたほうが良さそうです。

ちなみに申込みの段階で買取金額を自動的に承諾するか、買取金額を確認してから承諾するか選ぶことができます。自動承諾にするとよりスピーディな支払いができます。

ただ、私の場合はあまりにも買取金額が安かったら拒否する可能性もあると考えていたので確認してから承諾するを選びました。

肝心の査定金額はいくらになった?

何を売ったかとか、売ったものの状態はどうなのか?という点によって査定の結果は変わってくるのは間違いないです。

ただ、一応参考までに私の査定金額をこちらで紹介しておきたいと思います。

ダンボール2箱分詰め込んだ結果「8,942円」だった

私の場合は自分の不用品と妻の不用品をあわせて8,942円という査定結果になりました。

すべては覚えていませんが、売ったもので記憶にあるものだけいくつか紹介します。

  • PSVR用のシューティングコントローラー
  • PSVR用ソフト「ファーポイント」
  • XBOX360用ソフト10本
  • ライトノベル10冊
  • ビジネス書5冊
  • メンズシューズ1足
  • ギタースタンド1個(未開封)
  • MicroUSB充電器(未開封)
  • 女性用シューズ4足
  • 専門書5冊

もう少し細かいものがいくつかあったかもしれませんが、覚えている範囲でこのくらいだったと思います。

シューズや専門書などが高くつけばうまく行ったら2~3万円くらいいくかな?もし駄目でも1万円前後くらい行けばいいな~という感じで送りました。

その結果で8,942円なので予想よりは少し安い買取金額でした。

ただ、もともと要らないと思っていたものですし、許容できる範囲の金額ではあったので承諾することにしました。

どの商品がいくらで売れたのかはわからない

売る前からなんとなく予想はしていたのですが、買取王子にたくさんの不用品を売ったとしてもどれがいくらで売れたかは開示されません

そのため今回私の場合はダンボール2箱分すべて合算で8,942円という結果になりましたが、どの商品が高くついたのか。そしてどの商品は二束三文にしかならなかったのかはわからないままです。

なんとなく提示された額を見て、その額で納得できるかどうかという感じになってしまいます。

そのあたりはGEOとかブックオフのようにこのソフトはいくらになったというように1個ずつの金額がわかるシステムのほうがありがたいかなと感じました。

高額買取を狙う人にはおすすめできない

おそらくリサイクルショップに持ち込むよりは高額になったと思いますが、1個ずつ専門店で売却したらおそらく更に高額になったと思います。

例えばカメラを売るならマップカメラに売るという感じで、なんでも買取できるタイプの店に売るよりも限られたジャンルを取り扱っているお店のほうが高くはなると思います。

また、一番高額になるのはやはりメルカリやヤフオクなどのように自分で直接売り手に商品を売却するパターンであるのは間違いありません。

手間はその分かかりますが、手間はかかってもいいから少しでも高く…!という方は違った売り方を試したほうがいいかと思います。

不用品処分の手間を減らしたい人は使ってみる価値あり

不用品の処分割く時間を極限まで減らしたい人は買取王子を使ってみてもいいのではないかと思いました。

買取価格も予想より少し低かった程度で、私が以前に経験したリアル店舗のリサイクルショップのようなたくさん売ったのに50円とかそういう世界ではありませんでした。

捨てるのも面倒だけど、1個ずつ売るのも面倒。という感じで完全に行き場がなくなっているような不用品をまとめてダンボールに詰め込んで売るのには適していると思います。

ただ、公式HPには一応買取ができないものの表示もあります。

買取できないもの
  • コピー商品、模造品
  • 使用に難があるほど破損がひどいもの
  • ギャランティーカードが無いプラダ

当たり前ですが、使えないほど損傷しているものや汚れているもの。模造品などは売ることはできません。

客観的に見て普通に買取できそうなものだったらおそらく大丈夫なので、詰め込んでみるといいと思います。

買取王子公式HP
(※私はこちらから申込みました)

動画版もYouTubeにアップしてます

 

この記事がよければいいね!やシェア、フォロー頂けると本当に嬉しく思います。
ABOUT ME
ワタナベカズマサ
合同会社Fulfilling代表。WEBマーケティング・メディア事業を行う。趣味はカメラ・オーディオ・プロレス・ゲームなどクリエイティブな仕事をするのが好きです。 会社HP⇛