ガジェットレビュー

どんなときもWiFiって実際どう?速度や制限など2週間の使用感レビュー

こんにちは!ワタナベです。

今回は最近話題の「どんなときもWiFi」というレンタルWiFiサービスを契約し、実際に使って2週間ほど経過しましたので使って感じたことをまとめていこうと思います。

どんなときもWiFiについてを動画でみる↓

どんなときもWiFiって?

「どんなときもWiFi」って名前だけ聞くと「なんだこれ?」って感じる方も多いと思います。

私も最初はそうでしたが、中身を見ていくと外でお仕事をされる方やお出かけすることが多い人のインターネット環境を快適にしてくれそうな魅力のある内容が盛りだくさんのサービスでした。

これまでのモバイルWiFiのデメリットを解消している

私が最初に契約したモバイルWiFiサービスはたしかイーモバイルのポケットWiFiだったと思います。いまや懐かしい響きの名前かと思いますが、その頃は色々と制限がありありなプランで普通に何年も契約をしていました。

これまでのモバイルWiFiのデメリット
  • 3日間の10GB制限や月間7GB制限などがある
  • 海外では使えない
  • 室内では通信速度が落ちる場合がある

使用量に制限があるとYouTubeなどの動画を見ているとあっという間に上限まで行ってしまうので、動画をたくさん見たりする方にはかなり厳しいところがあります。

また、海外に行くことがあってもそのモバイルWiFiをそのまま使うのは難しいですよね。

さらに、場合によっては室内での速度が落ちてしまいがちであまり実用的ではないということも…。

どんなときもWiFiについては上記のデメリットを解消してくれるレンタルWiFiサービスとなっています。

3日間も月間も制限なしの「無制限」

私が以前契約していたFujiWiFiも当初から無制限で使えるレンタルWiFiとしてサービスを展開しており、人気を博していました。

今までは制限があるプランでなかなかガッつりインターネットを楽しむことができない事が多かったので、一気にその辺りから世界が変わった感じもあります。

どんなときもWiFiについては使用データ量に制限はないので毎日たくさん動画を見たりしても全く問題はありません

YouTubeはもちろん、NetflixやAmazonプライム・ビデオ、Huluなどの動画ストリーミングサービスを思う存分楽しんでも全く問題はないし定額となっています。

違法DLなどの用途で使うと制限がかかる場合があるそうです。

話題の「クラウドSIM」対応によるメリットも

どんなときもWiFiは「クラウドSIM」に対応しているため、日本国内はもちろん海外でもそのまま端末を持っていくだけでインターネット接続をすることができます。

通常のモバイルWiFiだとSIMカードを1つ挿入すると、その挿入したSIMカードに対応している回線しか使うことができません。例えばソフトバンク回線ならソフトバンク回線だけが使える…という感じです。

クラウドSIMに対応していると、自分が今いる場所に合わせて最適なSIMを自動的にクラウド上から選んで使う事ができる仕組みなので国内でも海外でも常に最適な電波を掴んでくれるというものになっています。

私の場合はすぐに海外にいく予定もないですし、基本は自宅にいる事が多いので普段はあまり関係なさそうな機能ですが、いざ遠出する!となったときに活躍してくれそうだという期待をしています。

なぜどんなときもWiFiに契約したのか

私の場合はもともと2年前からFujiWiFiに契約していました。こちらもインターネット通信量の制限がないレンタルWiFiサービスで普段からとても快適に使っていました。

現在の契約だと料金が高いことに気がついた

一番気になっていたのはこれまで契約していたFujiWiFiの料金です。

私は「4G/LTEいつも快適プラン」という無制限で使い放題のプランを契約していたということもありますが、月々の料金は4,838円となっていました。

契約当初はまぁ、こんなもんだよね。という感じで気にしていなかったのですが、最近FujiWiFiと似たような無制限のレンタルWiFiサービスがたくさん登場してきてその料金を比較している間に「あれ、今の契約高くね?」と気づいてしまったというわけです。

こちらの動画では私が最近とくに勢いがあると感じている無制限のレンタルWiFiサービスを展開している5社のサービスや料金を比較しています。

私もこのときに色々細かいところまで比較した結果として最終的にどんなときもWiFiを選ぶことにしました。他社との比較も気になる方はぜひチェックしていただければと思います。

条件を決めて比較した結果「どんなときもWiFi」が最適だと感じた

似たようなサービスを提供している業者もたくさんある関係で、やはり細かく自分なりの条件を決めて選んでいくのがベストだと感じていました。

  • 月額料金が安い
  • 3日間制限がない
  • 月間制限がない

絶対条件としてクリアしたい条件としてはこんな感じです。

私の場合は下の2つはすでにクリアしていたので、それに加えてもう少し月額料金を抑え得られれば十分という感じでした。

あとはプラスアルファのメリットがどの程度あるのか…?という点で決めていこうと思っていました。

実際にどんなときもWiFiを使ってみて

ではここからは実際にどんなときもWiFiを約2週間使ってみて感じたことなどをまとめていきます。

端末はU2s

端末はU2sというもので、私はゴールドを選びました。

この端末にはディスプレイはありません。

あるのは「電源ボタン」それだけです。

あとは、ライトがついて現在の電波状況やバッテリー残量をざっくり表示してくれるだけ…という非常にシンプルな作りになっています。

また、ストラップホールがついていて、端末のカラーと同じ色のストラップも付属されているのでそちらを装着することもできるようになっています。

この端末はバッテリー持ちがそこそこ良い「12時間の連続使用可能」とのことなので、半日外出するレベルならモバイルバッテリーがなくても大丈夫という安心感のもと使う事ができるのがとても良いです。

あと、そもそもデザインがなかなかかっこいいのでガジェット好きの私としてはそこも嬉しいところでした。(※端末はレンタルなので私の所有物にはなっていませんが笑)

実行速度について

まずこういったモバイルWiFiで一番気になるのは一体どれだけ速度がでるの?というところですよね。もし普段使いに支障が出るレベルの遅い速度だと困ってしまいます。

こちらは初日に計測した結果なのですが、22Mbpsのダウンロード速度となっていました。

ちなみにアップロードに関しても10Mbpsとなっていたので、YouTube動画をアップロードするとしても問題ないレベルの速度が出ております。

何度も計測を繰り返していますが、だいたい20~30Mbpsの間くらいで落ち着く事が多い印象です。つまり普段使いでは全く問題がない速度が出ているということです。

ただし場所によっては速度が遅くなることもある

どんなときもWiFiはクラウドSIMに対応しているため、日本国内の場合はドコモ、ソフトバンク、auの回線の中からその場所で最もつながりやすいところに自動でつながるようになっています。

私の自宅周辺ではソフトバンク回線を掴んでいるため、実行速度は上記のようにとても早く全く不快に思うことがない速度で使うことができています。

ただ、場所によってはソフトバンク回線ではなくドコモ回線などにつながることもあり、その場合は実行速度が2~3Mbpsに落ち込むことがあります

クラウドSIM&トリプルキャリア対応が仇となることも

動画の企画で「日高の二十間道路桜並木」まで動画を撮りに行ったのですが、そのときにどんなときもWiFiを持っていったところ、ソフトバンク回線以外につながって速度が落ちたところがありました。

また、私としてはソフトバンク回線が最も早く安定している印象なのでできれば常にソフトバンク回線を使いたいのですが、どの回線になるかは自動となっておりこちらの意思では選べません

私の自宅周辺は運よくソフトバンク回線に自動でつながっているので、全く問題はないのですが、自動で掴む回線がソフトバンクではない場合は逆にクラウドSIMであることやトリプルキャリア対応であることが仇になってしまう場合もありそうです。

この点は初日などの段階ではなかなか気づけないポイントなので、実際に数週間いろいろな場所で使ってみて仕様が理解できたポイントでもあります。

たっぷり使っても制限はかかってません

こちらは1日で使ったデータ利用量ですが、私の場合は平均して毎日このくらいのデータ通信をしています。2週間で約84GBほどのデータ通信をしていることになりますが、全く制限がかかるような様子はありません

このペースで使えば確実に月間100GB以上は行きますので、1ヶ月使ってみたあとに制限などにかからなかったか?という点も追記していこうかなと思います。

ちなみにFujiWiFiを使っているときは月間170GBほど使っていたので、私の場合は普通に使ってだいたいそのくらいの使用量になるかと思います。

月額料金が安いのはやはり助かる

前述したように私が以前契約していたFujiWiFiは月額で約4,800円の契約でした。

それに対して今回契約したんなときもWiFiは現在月額料金が3,480円となっています。

私の場合ですが、月額の固定費を1,000円以上下げることができたということになります。

そんなに遠出をすることが多いわけでもない私の場合は、一番使う事が多い自宅周辺でしっかり十分な速度が出ているならこれで良いという結論に至りました。

出張に行くことがあったら出先やホテルなどでも検証してみたいと思いますが、そういう場面でも問題がなければこの固定費削減としては成功だったと言ってもいいかなと思います。

まとめ

とりあえず今回は実際にどんなときもWiFiを契約して使いはじめてから2週間ほどの段階で私が感じていることをまとめてみました。

回線を選べるようにしてくれたら文句なしに最高。という感じです。

言いたいことは「ソフトバンク回線に固定したい!」これに尽きます。

その他、料金設定や無制限で使えるというメリットなどは十分にありますし、いまのところ「遅い」とか「つながらない」などと言った困った状況には陥っていないのでこのまま2年間はどんなときもWiFiのお世話になろうかな~と思っております。

ぜひレンタルWiFi選びの参考にしていただければと思います。

どんなときもWiFi公式HP
※私はこちらで契約しました

この記事がよければいいね!やシェア、フォロー頂けると本当に嬉しく思います。
ABOUT ME
ワタナベカズマサ
合同会社Fulfilling代表。WEBマーケティング・メディア事業を行う。趣味はカメラ・オーディオ・プロレス・ゲームなどクリエイティブな仕事をするのが好きです。 会社HP⇛